自毛植毛は植毛ロボットARTAS導入クリニックで!

自毛植毛で失敗しないためのポイントとは?

自毛植毛は自分の髪の毛を薄い部分に移植することをいいますが、実際に自毛植毛した人たちの中には失敗したという声も聞かれます。

 

たとえば、

 

・既存のと髪の毛と植毛した髪の毛の向きが違った
・右と左で生え方がアンバランスだった
・思ったより植毛した部分が生えてこなかった

 

などなど、少なからず満足のいかない結果となっているようです。

 

では、自毛植毛はやらない方がいいのか?

 

 

髪の毛はいったん毛根が後退してしまうと復活することができません。完全に禿げたところにいくら育毛剤を使用しても、プロペシアを飲んだとしても生えてくることはありません。

 

 

そうなると、完全に禿げた部分に髪を生やすには自毛植毛しか方法はありません。でも、自毛植毛は人の手でやる以上失敗が0ではありません。ではどうしたらいいのか?

 

 

 

植毛ロボットARTAS(アルタス)とは?

 

AGA治療最安値

自毛植毛は今までは人の手によって行われていました。しかし、近年植毛ロボットの導入により、より正確に植毛ができるようになりました。

 

 

ARTAS(アルタス)はドナーを採取する際に利用されます。ドナーとは植毛するときの毛根のことです。つまり、後頭部や側頭部から抜き取った毛根のことを指します。

 

 

ARTAS(アルタス)はドナーを正確にピンポイントで採取します。これにより人の手による採取よりもスピーディに正確にできるため、患者への負担が軽減されます。

 

 

 

 

植毛ロボットARTAS(アルタス)導入クリニック

 

植毛ロボットARTAS(アルタス)を導入しているクリニックは限られています。ここでは、植毛ロボットARTAS(アルタス)を導入しているクリニックをご紹介します。

 

 

TOMクリニック
TOMクリニックは東京と大阪にあるクリニックです。
数少ないARTAS(アルタス)導入クリニックです。


>>>TOMクリニック

 

 

ルネッサンスクリニック
湘南美容外科系列のクリニックで全国にあります。
遠方の方は交通費のサポートがあったり、モニター価格なども用意しています。
SBC毛髪再生医療センター
>>>ルネッサンスクリニック

 

 

ARTAS(アルタス)での植毛は失敗を最小限に食い止め、短時間で正確な自毛植毛が可能となります。

 

 

 

ARTASによる自毛植毛体験談と口コミ

 

 

ARTAS(アルタス)による植毛をすることにに決めたのは、傷口が目立たず正確にできるということです。自毛植毛は必ず生えてくるということで決断しました。実際やってみた感想は、腫れもそれほどなく出欠は2日ほどで治まりました。


 

 

スタッフの親身な対応に安心感を得て決めました。自毛植毛後のトータル的なケアを提案していただきました。手術中は麻酔のため痛みはありませんでした。腫れ、出血は3日ぐらい続きました。


 

 

いままでプロペシアや育毛剤を試しましたが効果がなく、思い切って自毛植毛をすることにしました。手術中は麻酔のため痛みなどはありませんでしたが、術後、赤身の腫れが引くまでに3週間ほどかかったんと思います。ただ、自分の髪の毛が生えてくると思えばこの程度の痛みは何ともないですね。


 

 

私はいままでシャンプーや育毛剤などいろいろ試してきました。しかし、なかなか効果が表れずにいたところ、自毛植毛を知りしかもロボットで正確にできるということで決断しました。実際手術は、麻酔を打つ時は痛かったですが腫れや出血はそれほどでもなかったと思います。正直、やってよかったと思っています。


 

育毛剤や薬で思うような効果が表れなかった方が実際に自毛植毛されてるようですね。

 

残念ながら育毛剤で薄毛が改善されたという話はほとんど聞いたことがないのが実情です。なぜなら、育毛剤の成分というのは医薬品ではなく医薬部外品だからです。

 

また、内服薬のプロペシアやミノキシジルは、人によって効く効かないというのがあります。そのような方は、やはり自毛植毛は最後の手段となるでしょう。

 

 

まずは無料カウンセリングから。

 

ARTAS(アルタス)を導入しているクリニック↓


>>>TOMクリニック

 

SBC毛髪再生医療センター
>>>ルネッサンスクリニック